即ホテルに誘われても対応のレビトラ!男の余裕を見せるバリフで決まり

後発薬のバリフ

先発薬としては第二世代とする事が出来る国内2004年承認取得のレビトラは2016年の現在に至ってもまた少なくとも向こう十年ばかりは特許の権利が附随するED治療薬となるので後発薬の誕生は望めず低価格での投薬を開始する事は出来ず、10・20mgの二種類の用量規格を持ちますがそれぞれ1500~2000円前後が一錠当たりにかかる薬価となり、これは本剤が薬価の基準を未収載にしている事で保険の適応外の治療となり健康保険であれば通常三割負担でも済むものが全額自費での負担となります。
一方で1999年に初めて誕生したED治療薬であるバイアグラは2013年に期間を満了し低価格で投薬出来る後発薬が登場しており、切り替える方も増えていますが、その一方でレビトラと成分あるいは用量規格を同一とするレビトラジェネリックとされる印度製の製品を内服する方も増加の傾向にあり国際特許の関係上、印度は後発薬製造を行う事の出来る国に当たるのでバリフという製品がレビトラジェネリックに当たる製品になります。
バリフとは、塩酸バルデナフィル水和物20mg含有の経口内服薬になり先発薬と同等の作用を期待する事の出来るED治療薬となり、成分同一となるので即効性等の成分によりもたらされる先発薬特異な特徴もそのままとなる薬剤になります。
有効作用の発揮までにかかる時間も0.3時間となり、またTmaxも0.8時間と一時間を要しないの先発薬の持つ特徴を存分に発揮する事ができ、また持続時間も十時間としさらに低価格な薬価になるので利便性はさらに向上させたものであり、印度以外には未承認医薬品となるので世界中の医療機関で処方を行う事は出来ませんが、印度からの輸入で購入する事ができ国内でも当然未承認とされていますが個人使用の範囲でありまた自己責任で内服するのであれば輸入する事は許可されています。
剤形が異なるものの作用や効果自体に影響は無いと考えられているので、自費の負担を軽減したい方が切り替える事には頷ける製品となります。